受験資格が得られる

ステーショナリー

高齢者をはじめ、体が不自由な人を支える仕事が社会福祉士です。新潟には社会福祉士の資格を得られる専門のスクールもあるので、利用することで憧れの職場に就職することができるでしょう。社会福祉士はいわゆる介護職とは違い、支援が不十分な人が福祉のサービスを受けられるように、サポートを行なう仕事です。心身に何らかの障害をもつ人や、体の不自由な高齢者はまともに働くことができないので、毎日の生活に必要な費用をどこで得るかが問題となります。飲食による費用や暮らしている賃貸アパートの家賃、現在受けている治療の代金など、お金の問題は深刻なものなのです。社会福祉士は、こうしたお金の問題を抱えている人を助けるのが仕事となります。援助の受けるための案内を窓口で行なうほか、援助費用の受け取りにより、身体に不自由な人に代わって各種の支払いを代行することを行ないます。医療機関への支払いを代行する場合や、車いすや補聴器といった器具の購入も行なうなど、広範囲に渡ってのサポートが行なえます。

社会福祉士の資格を取得する場合、一年から二年もの実務経験を積むことが必要となります。また、専門の養成施設に入らなければ、受験を受けることもできないのです。新潟にある専門のスクールに通うことで、この社会福祉士の国家資格を受けられます。きちんと授業を受け、新潟のスクールを卒業することで、受験資格が得られるのです。受験においての対策もしっかりとしており、試験範囲の中でも特に頻出する問題を重点的に学ばせてくれます。新潟のスクールには、実際の社会福祉士として働いていた職員もいるので、社会福祉士としての働き方や現場での状況など、詳しい話を聞くこともできるでしょう。